アフターピルを持っていることはいざという時の保険になるので、持っている女性は少なくないはずです。通販サイトでは様々なピルが販売されていて、日本製ではないピルまで販売されています。そんなピルを購入することは大丈夫なのでしょうか?そんな疑問やピルや生理についての悩みをこのサイトで晴らしましょう。

パソコン

アフターピルを通販することは全く違法ではありません。
むしろ、病院で処方してもらうよりも、アフターピルは通販で購入した方が安く購入できるなどのメリットがあります。
正しいタイミングできちんと服用すれば、望まない妊娠を回避することができる薬です。
望まない妊娠を高い確率で回避することができますが、低用量ピルとは異なり副作用が強くでる可能性があるため、きちんとアフターピルの性質について理解し、賢く活用するように心がけることが大切です。
ピルの通販はあんしん通販薬局がおすすめです。豊富な種類のピルを販売していますので、使用経験のあるピルがあれば購入するのも良いでしょう。

アフターピルの避妊効果率について

アフターピルは避妊失敗がわかってから72時間以内に服用することで含まれている女性ホルモンが排卵を抑制し子宮内膜へ着床するのを阻害する薬です。
アフターピルには多量の女性ホルモンが含まれており、それを服用することで体の中のホルモンバランスを急激に変化させ、避妊効果を発揮します。
あくまでも緊急避妊薬であることをきちんと理解しておくことが大切です。
緊急避妊薬であることから低用量ピルとは違い常用するものではありません。
コンドームを着用しないで膣内で射精されてしまった場合やコンドームが破れていたなど、望まない妊娠を避けるための最後の手段がアフターピルです。
一般に、避妊をしなかった場合、排卵期の前後で女性が妊娠する確率は8?15%程度であると言われていますが、アフターピルを服用すればこの確率をさらに低下させることができます。

アフターピルの妊娠防止率は非常に高く、その効果はアフターピルの種類によってばらつきがありますが、基本的に24時間以内に服用した場合には95%以上の確率で妊娠を防ぐことができると言われています。
100%妊娠を回避することができるわけではありませんが、妊娠の可能性が非常に低くなるため、妊娠を望んでいない場合にはアフターピルをできるだけ早く服用することが大切です。
病院で処方してもらうことも可能ですが事前に通販で購入しておいたほうが万が一の際に役立ちます。
通販で事前に購入しておくことは違法ではありません。
むしろ、万が一に備えて通販で購入しておいたほうが多くのメリットがあると言えます。
そのメリットの一つは避妊失敗に気づいた後すぐに服用が可能となるということです。

24時間以内に服用した場合には95%以上の確率で妊娠を防ぐことができ、72時間以内に服用すればアフターピルには避妊効果があります。
72時間以内であれば一定の避妊効果がありますが、避妊失敗がわかってからできるだけ早く服用することが大切です。
妊娠防止率が高いのは性行為後72時間以内です。
この72時間という時間は受精卵が子宮内膜に着床するまでのギリギリの時間を意味しています。
避妊失敗してから早ければ早いほど避妊に成功する確率は高くなります。
性交後に妊娠の心配があることがわかったら、できるだけ早くピルを服用することが重要なポイントです。

アフターピル服用後の体の変化

アフターピルを服用した後、体に変化が生じます。
ピルに含まれている女性ホルモン(黄体ホルモンと卵胞ホルモン)が吸収され血中の濃度が高くなると、脳が体が妊娠した状態にあると勘違いして脳からのホルモンを分泌しなくなります。
その結果、女性ホルモン(特に黄体ホルモン)が分泌されなくなり、排卵が起こらなくなります。
これがピルを服用することで避妊が可能となるメカニズムです。
この他にもピルを服用することによって子宮内膜が厚くならなくなるため受精卵が着床しにくくなります。
さらに、子宮頸管粘液の粘度が高くなるため精子が卵子に辿り着きにくくなります。

アフターピルを服用すると避妊効果を得ることができますが、場合によっては副作用が生じることもあります。
代表的な副作用としては吐き気や頭痛、下腹部痛などが挙げられます。
これらの副作用は体の中の女性ホルモンが急激に増加したことによるもので、特に黄体ホルモンが自律神経を乱してしまうことが原因となって生じるものです。
そのため、アフターピルを飲んだ後はできるだけ安静を心がけることが大切となります。
服用に伴う副作用が出ても通常1日程度で治まりますが、あまりにも副作用の症状が強い場合には婦人科の先生の相談するようにします。

アフターピル服用後の出血について

アフターピルを服用したことで妊娠しなかった場合には生理が起きます。
服用後7日程度で出血することが最も多いですが、早い場合には3日程度で出血する場合もあります。
生理がいつくるかには個人差があるためあくまでも目安としておくことが大切です。
人によっては2週間後に生理がきたり、予定通りに生理が来ることもあります。
排卵前や排卵期にピルを飲むと生理予定日よりも早く生理が来る傾向があります。
この生理はピルを服用したことによって生じた生理であるため自然の生理ではありません。
アフターピルを服用したにも関わらず、本来の予定日よりも生理が遅れている場合には、婦人科に行くなどして妊娠の検査を行うことが大切です。

アフターピルを服用すると、自然のホルモンバランスが崩れて不正出血が起こる場合があります。
不正出血とは生理ではないにも関わらず出血が確認できることを言います。
不正出血が生じている場合には、女性の生理を司っている脳下垂体や卵巣など、ホルモン分泌に関連する期間の働きに異常が生じている可能性があるため、婦人科を受診することが大切です。

低用量ピルとアフターピルの違い

アフターピルは通販で買った方がお得に購入することができます。
アフターピルを通販で買うことは全く違法ではありません。
むしろ、通販で買った方が安い価格でピルを購入することができます。
日本においてはアフターピルは健康保険適用薬ではなく自由診療で処方されている薬です。
そのため、薬の価格も病院によって異なります。
その理由は、アフターピルは緊急避妊を目的として服用するものであって、何らかの病気に関する治療を目的としたものではないからです。

このような事情があることから、アフターピルは病院で処方されるものであって通販で買うことは違法であると勘違いしている方も多くいますが、通販で買ったとしても全く違法ではありません。
むしろ、通販で購入した方が価格面などでお得なことも多く、メリットも多いと言えます。
ただし、通販でアフターピルを購入する場合には、そのデメリットについてもきちんと理解しておくことが大切です。
通販でアフターピルを購入することは違法ではありませんが、海外から輸入代行業者経由で薬を輸入することになるため幾つか注意したいことがあります。
通販で購入する場合、悪徳業者がピルを販売していることもあるため、信頼できるサイトから購入することが大切です。

低用量ピルとは違い、アフターピルには一錠に多くの女性ホルモンが含まれています。
含まれている女性ホルモンが多いため、一気に血中の女性ホルモンの濃度が上がります。
その結果、身体のホルモンバランスが急激に変化するため自律神経に乱れが生じ、副作用が強く発生することがあります。

低用量ピルの場合、含まれている女性ホルモンの量が微量であるため緩やかに血中に吸収され、身体にかかる負担も軽減されます。
しかし、アフターピルの場合、含まれている女性ホルモンの量が多いことから身体にかかる負担も大きくなるため注意が必要です。

低用量ピルは性行為の前に定期的にできるだけ同じ時間に服用しますが、アフターピルは性行為の後に服用するものです。
低用量ピルもアフターピルも避妊を目的として服用しますが、服用のタイミングが全く異なるため注意が必要です。
毎日服用することで避妊効果がある低用量ピルとは異なり、アフターピルは性行為後72時間以内に服用することによって避妊の効果が期待できます。

記事一覧

悩んでいる女性

コンドームより優れているトリキュラーで避妊

トリキュラーを服用していれば、コンドームで避妊するよりも高い確率で避妊することができます。低用量ピル ...

考えている女性

生理痛が酷いならピルを服用すると和らぐ

生理痛に悩む女性は多くいます。毎月痛み止めを飲んでいるという人も多いでしょう。そもそも、生理痛という ...

PCを使っている女性

通販ならアフターピルの種類が豊富です!

アフターピルは通販での購入が便利です。通販サイトでたくさんの種類の中から自分の好みに合うアフターピル ...

パソコン

事前に通販でアフターピルをお守り代わりに用意

妊娠を回避するためには、男性側がコンドームなどの避妊具を使うという方法の他に、女性がアフターピルを使 ...