英会話ケンペネEnglishで失敗しないコツは三つ

英会話ケンペネEnglishで失敗しないコツは三つ

もしあなたが英語教材選びに悩んでいるのであれば、ケンペネEnglishをおすすめします。

なぜなら、ケンペネEnglishは英語が苦手な人であろうと、もっと磨きをかけたい人であろうと満足のいく結果を手にできるものだからです。

ただ、残念ながら受講者全員のスキルが上がるのかというと、そうではない事実があります。

この記事でケンペネEnglishで失敗しないコツを三つ紹介しますので、ぜひ始める前に記憶に留めておいてください。

Ⅰ「申し込む前から疑いすぎないこと」

Ⅰ「申し込む前から疑いすぎないこと」

第一のコツは、申し込む前からケンペネEnglishを疑いすぎないことです。

「英語が身につかないかもしれない」

「詐欺かもしれない」

そうした気持ちを持たないことが重要になります。

ネガティブに捉えやすくなる

理由は簡単。

不信感があると、何をやってもネガティブに捉えてしまうからです。

そうなると英語がうまく発音できなかったときに、この教材では無理なのかもしれないと思ってしまいます。

わかりにくかったときに、ダメかもしれないと心のどこかで感じてしまいます。

疑えばケンペネEnglishの効果は下がる

調理する前から料理が下手だから何をやっても不味くなる、と思っていたら美味しいものが作れるはずがありません。

練習前からバットの素振りをやっても絶対にうまくなるわけがない、と思っていたら上達するはずがありません。

極端な話をすれば、英語教材を疑うというのは、それと同じなのです。

ですのでケンペネEnglishを疑えば疑うほどに、例えそれが画期的な勉強方法だったとしても、得られる効果はどんどん下がっていきます。

それでも不安なら無料相談電話へ

ですが、始めてもいない教材を信じる、というのはなかなか勇気がいるもの。

ケンペネEnglishでは、そのような人のために無料で電話相談を受け付けています。

電話番号は03-6206-9492。

時間は10~18時(土日含む)までです。

自分でも英語力が身につくのか、英語が苦手だが大丈夫か、という質問にも真摯に応えてくれます。

また、『英会話ケンペネEnglishは詐欺なのか調べたら悪評ゼロで良教材と判明』では、ケンペネEnglishがいかに優れているかをレッスン内容に触れながら深く解説しています。

Ⅱ「迷ったらすぐに聞くこと」

Ⅱ「迷ったらすぐに聞くこと」

第二のコツは、レッスン中に迷いを感じたらすぐに聞くことです。

迷いは効率の天敵

その理由は簡単で、継続の妨害要素にしかならないからです。

「このレッスンで大丈夫なのだろうか」

「ちゃんと二ヶ月で話せるのだろうか」

こうした気持ちは勉強の効率が下がることに他なりません。

知らない土地にある施設に行くことをイメージしてみてください。

駅を降り、道を歩くに連れて、見たこともない風景が広がっていくとどうなるでしょうか。

この道であっているのだろうか、と思い、足取りが重くなりますよね。

先に進むのに躊躇することもあれば、戻りたくなることもあるでしょう。

少なくとも安心して、堂々と、迷いがないときの歩くスピードよりは遅くなっているはずです。

二十四時間体制のサポートを活用

人は不安になりやすい生き物です。

申し込む前に疑わないとしても、レッスン中にやはり迷いを感じることはあります。

自分ではどうしても理解しにくい部分が出てくることもあるでしょう。

そうしたときは、二十四時間体制のサポートにメールしてください。

英語に関する質問や悩みであれば、内容に応じてメールや動画、音声などを使って必ず返答してくれます。

Ⅲ「何になりたいか、何をしたいかを忘れないこと」

Ⅲ「何になりたいか、何をしたいかを忘れないこと」

第三のコツは、ケンペネEnglishで英語勉強するときに「何になりたいか」「何をしたいか」を忘れないことです。

英語は目的地にたどり着くための「橋」

英語を習うとき、英語を身につけて満足する人はあまりいないでしょう。

その言語を身につけることで、ある人は海外旅行に、ある人はビジネスに活かすはずです。

英語は、そもそもコミュニケーションを円滑にするためのツールにしか過ぎません。

言い換えれば目的地に最短距離でたどり着くための「橋」、それが英語の役割です。

目標がすり替わる

多くの人がこのことを当たり前のように知っています。

しかしあえて取り上げたのは、英語の勉強をしていると見失いがちだからです。

「つまづき」「戸惑い」が積み重なると、英語が難しく感じるときがあります。

そのとき英語を習う目的が、本来目指していたはずのものから、英語をマスターすることにすり替わる可能性が高いのです。

そうなると、英語の発音や表現方法を完璧にしようと思いやすくなります。

「まだ足りない」「もっと覚えないと」と、自分にプレッシャーをかけやすくもなるでしょう。

そうなるとどんどん勉強が苦しくなり、挫折してしまいます。

対面セミナーですり合わせるのもおすすめ

こうした自体を避けるために、「何になりたいか」「何をしたいか」を忘れないことが重要になってくるのです。

頭の中で思い描くだけで不十分な人は、メモに書いて壁に貼り付けるのもいいでしょう。

またケンペネEnglishでは、対面セミナーという講師から直接レッスンを受ける機会も用意されています。

講師も英語勉強の挫折するパターンを熟知しているので、そのときに目標を話して、アドバイスを求めるのもいいかもしれません。

終わりに

終わりに

「申し込む前から疑いすぎないこと」

「迷ったらすぐに聞くこと」

「何になりたいか、何をしたいかを忘れないこと」

以上、三つの失敗しないコツを紹介しました。

ぜひケンペネEnglishのサービスをうまく活用しながら、抑えておいてください。

これだけで、英語スキルの獲得もかなり現実味を持ちます。

トップページを見る