ケンペネEnglishのレッスンスケジュールにあるメリット

ケンペネEnglishのレッスンスケジュールにあるメリット

ケンペネEnglishは、誰も思いつかないようなメソッドで、英語教育業界に強烈なインパクトをもたらした教材です。

その衝撃はリリース当初から各所にもたらされ、今までのレッスンをあっさりと手放し、ケンペネEnglishに乗り換えた人たちは少なくありません。

そして謳い文句通りに、ほとんどの人が英語をマスターしていきました。

この驚愕の事実に、何人かの英会話講師から焦りを覚えたとも聞きます。

なぜ、ケンペネEnglishはここまでの結果を叩き出すことができたのでしょうか。

そこには、この英語教材のレッスンスケジュールに隠されたメリットに、ひとつのヒントがあります。

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)のレッスンスケジュール

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)のレッスンスケジュール

メリットを解説する前に、まずケンペネEnglishのレッスンスケジュールを確認しましょう。

Ⅰ:一~二週間目「インプット」

Ⅱ:三~四週間目「単語のアウトプット」

Ⅲ:五~八週間目「例文のアウトプット」

このように、三段階に分かれているのが特徴です。

メリットⅠ「安心感が得られる」

メリットⅠ「安心感が得られる」

では、スケジュールから見えるメリットを解説します。

第一のメリットは、安心感が得られることです。

スケジュールはガイドブックと同じ

これは、旅行を考えるとわかりやすいでしょう。

初めて訪れる観光地なので、いろんな施設を見て回り、美味しいものを食べたい。

しかしその施設や食事処の場所がわからなければ、あるいは営業時間が把握できなければ、途端に行く気がなくなってしまうものです。

最悪の場合、あれだけ待ち望んでいた旅行自体が、楽しくなってしまうかもしれません。

だからこそ私たちは、インターネットやガイドブックで前もって調べますよね。

ケンペネEnglishのスケジュールは、その情報と同じ役割を果たしているのです。

安心感がトライの気持ちを湧かす

この時間に行けば目的が達成できるとわかるように、二週間インプットすれば次のステップに進めると事前にわかる。

あらかじめ先々のことが決められていれば、「これをやればマスターできるんだ」と思えるようになります。

そうした安心感があれば、いろんな場所に自然に行きたくなるように、トライする気持ちが自ずと湧いてくるものです。

それは、勉強において何より重要なモチベーションの向上に繋がっていきます。

メリットⅡ「負担が少ない」

メリットⅡ「負担が少ない」

第二のメリットは、レッスンを受けるときの負担が少なくなることです。

英語に限らずどのような科目でもそうなのですが、勉強のスケジュールを立てるというのは大切。

しかしその分、自分で決めようとすると思いの外大きな荷物が肩にのしかかってきます。

計画は深みにハマりやすい

というのも、自らスケジュールを作っていると迷いが生じやすいからです。

「これで大丈夫なのか」

「ちゃんとこなせるのか」

「できなかった場合はどうするか」

要因はさまざまですが、このように思うのは、どこかで完全な計画を作ろうとする心理が働いているからでしょう。

ところが自分の力量をなまじっか知ってしまっているので、完璧だと思っても次の瞬間には自信が持てなくなる。

こうして自問自答を繰り返して深みにハマっていく、というパターンがよく見られます。

読者の中にも経験した人がいるのではないでしょうか。

時間がない人に効果抜群

スケジュールを自ら立てるという行為は、勉強する人に否応なしに多大なる負担をかけてきます。

逆に言えばケンペネEnglishのように、すでに決めてくれていることは気負いすることなく始められる、ということです。

何も考えずに、ただ従うだけでいいことほど楽なものはありません。

この負担が少ないメリットは、特に仕事でプライベートの時間が持てない人や主婦の方に評価されています。

インプットとアウトプットの切り替えも自動化

また特に英語学習の場合は、インプットすなわち英会話に必要不可欠な知識の記憶と、アウトプットすなわち発音の練習のバランスが非常に重要です。

日本人は元来、インプットに偏った勉強をしてきました。

中高六年間で英語を学びながら話せないのは、アウトプットをしてこなかったからです。

しかし、だからと言って「がむしゃらにアウトプットをしろ」「インプットはしなくていい」というわけにもいきません。

正しい知識を改めて学び直し、その上で実際に使っていく、これが大切です。

ケンペネEnglishのスケジュールでは、見てわかるとおり、

・どのくらいインプットすればいいか

・どこからアウトプットすべきか

これらが明確に決められています。

「どの程度すればいいの?」と考えなくて済むのも、メリットのひとつと言えます。

終わりに

終わりに

このように、スケジュールにも英語上達のメリットが見られることは、よくあることではありません。

だからこそケンペネEnglishは革新的な教材と評価され、レッスンを受ける人が今も増えているのでしょう。

レッスンの内容について、詳しく知りたい人は『英会話ケンペネEnglishは詐欺なのか調べたら悪評ゼロで良教材と判明』を見てみてください。

あわせてチェックすれば、ケンペネEnglishが秘める実力をより深く理解できます。

トップページを見る