アフターピルを持っていることはいざという時の保険になるので、持っている女性は少なくないはずです。通販サイトでは様々なピルが販売されていて、日本製ではないピルまで販売されています。そんなピルを購入することは大丈夫なのでしょうか?そんな疑問やピルや生理についての悩みをこのサイトで晴らしましょう。

生理痛が酷いならピルを服用すると和らぐ

考えている女性

生理痛に悩む女性は多くいます。
毎月痛み止めを飲んでいるという人も多いでしょう。
そもそも、生理痛というのは排卵が起きてから子宮内膜が増殖し、プロスタグランジンという物質が出るのが原因です。
プロスタグランジンは子宮収縮を促す効果があり、痛みにつながります。

ピルは避妊薬として認知されていますが、女性ホルモンが含まれている薬なので排卵をコントロールすることができます。
そのため、生理不順で悩んでいる女性が飲めば定期的に生理にすることができますし、旅行の時に生理になりそうな時に服用すれば、日にちをずらすことも可能です。

ピルは1日に1度飲むことで、体内の女性ホルモンの量を一定にすることができます。
食後や食前など、飲むタイミングはいつでも構いませんが、毎日飲み続けることが大切です。
飲み忘れのないように、朝起きてすぐや寝る前など自分に合ったタイミングで飲むようにしましょう。
ピルには21日飲んで7日休むというタイプと、28日継続して飲むタイプの2種類があります。
28日タイプの最後の7日間は偽薬といって、女性ホルモンが含まれていません。
飲み忘れを防ぐために、飲む習慣を続けるための薬です。

生理痛がひどい場合に、ピルが処方されることがあります。
ピルには、排卵をコントロールするだけでなく、子宮内膜の増殖を抑える効果があります。
増殖する子宮内膜が減れば、それだけプロスタグランジンが出なくなるため、子宮収縮が減り、痛みの症状が和らぐことができます。
同時に、出血量も抑えることができるので、ピルを飲むことで生理が楽になったと感じる女性も多いです。

ピルは飲み始めてから3ヶ月ほど、体への変化を感じることがあります。
しかし、継続して飲み続けることで気になる症状はなくなっていくことがほとんどです。
もし、気になることがあれば医師に相談してみましょう。
生理痛は我慢するものというのが一般的でしたが、ピルの服用により痛みを和らげることが可能になりました。

生理痛になる原因はプロスタグランジンです!

子宮収縮を促し生理痛の原因となるプロスタグランジンは月経の1週間ぐらい前から子宮内膜のプロスタグランジンが増加します。
プロスタグランジンは女性ホルモンににた物質で子宮の筋肉を収縮させたり、血液中に入りこむことで痛みの原因になるといわれています。
不要となった子宮内膜が剥がれ経血とともに排出することが生理の目的であるため、プロスタグランジン自体は必要なものです。
ですが、過剰に分泌されてしますと子宮収縮が強く起こり生理痛を起こすということになります。

生理痛の症状で頭痛や腰痛の症状が出る人もいるでしょう。
その原因にもプロスタグランジンは関係があり、プロスタグランジンには痛みを強めるなどの働きもあるため、頭痛や腰痛の原因にもなります。
生理中は生理前より体温が低い状態にあるため血液の循環が悪い状態になっています。
また、血管が収縮する作用もプロスタグランジンは持っているため、血管が収縮することで、冷えている体の血行が悪くなり更に体は冷えやすい状態です。
血液循環が悪くなると痛みを引き起こす作用のあるプロスタグランジンが血中にとどまった状態が続いてしまうため痛みを感じるということになります。

このように生理痛にはプロスタグランジン等の物質やホルモンの作用が原因となっています。
生理痛は我慢するものと思っていたり薬に頼りたくないと考えていたりする方もいるかもしれませんが、ピルを上手くつかうことで生理痛の症状が和らぐことが期待できます。
出血量も減れば毎月つきあっていかなければならない生理はずいぶん楽に感じられるようになるのではないでしょうか。
辛い生理痛に悩んでいる方は一度ピルの利用を検討してみましょう。