アフターピルを持っていることはいざという時の保険になるので、持っている女性は少なくないはずです。通販サイトでは様々なピルが販売されていて、日本製ではないピルまで販売されています。そんなピルを購入することは大丈夫なのでしょうか?そんな疑問やピルや生理についての悩みをこのサイトで晴らしましょう。

事前に通販でアフターピルをお守り代わりに用意

パソコン

妊娠を回避するためには、男性側がコンドームなどの避妊具を使うという方法の他に、女性がアフターピルを使うという方法があります。
アフターピルは海外ではすでに広く使用されていて、その傾向は日本でも少しずつ広まっています。
事前に通販で購入し、お守りとして持っておけば安心を得ることができます。

避妊はしっかり行っているつもりでも、絶対に妊娠を回避できるとは限りません。
性犯罪にあったときは、加害者は避妊をしてないため妊娠する可能性が高まります。
また恋人やパートナーとの性行為で、男性側が避妊をしていても破れてしまうなどのアクシデントが起こることも捨てきれません。
危険日は特に女性の身体が妊娠しやすくなっているので、望まない妊娠をしてしまうことがあります。

そんな時、緊急時にも対応できる方法としてアフターピルがあります。
アフターピルは性行為を行ってから、できるだけ早い時間に服用することによって妊娠を回避できる傾向が高くなります。
一方で、時間がたてばたつほど回避できる可能性が低くなるので、早めの服用が欠かせませんから、お守りとして常に携帯しておくとよいでしょう。
もちろんアフターピルを飲んだからといって、絶対に妊娠を回避できるということもでもありません。
100パーセントの確率では防げないことを理解しておく必要があります。
ただ望まない妊娠をしてしまうと、特に女性の身体と精神に大きな負担を与えてしまいます。
出産するにしても堕胎をするにしても、心を傷つけてしまいますし、体にも負担がかかるので不妊につながってしまうこともあります。
また中絶時期を逃してしまうと必ず産まなければならなくなるので、そうなると母親にとっても子供にとっても不幸になってしまいます。
アフターピルを活用することで、望まない妊娠を回避できるだけでなく、今後の生活についても最悪の方向に向かないようにすることが期待できます。
女性は自分の身を守るためにもお守りとして持っておくことをおすすめします。

アフターピルを服用しても妊娠を防げないこともある

アフターピルは正しく服用することができれば高い確率で妊娠を回避させることができます。
効果を得るためには膣内射精後72時間以内に必ず服用をしなければなりません。
早ければ早いほど避妊成功率は高まるといわれています。
時間がたってしまうと、どんどんその成功率が下がってしまうので、アフターピルを飲むことができても結果として妊娠を防げない場合もあるのです。

特に性犯罪に巻き込まれてしまった場合、すぐに病院に駆け込むことができる女性はどれほどいるでしょうか。
自分の身が緊急時に置かれているということさえ理解できないほど、パニック状態になってしまうのが普通です。
誰にも知られたくない、見られたくないと身を隠すように閉じこもってしまう方も多いでしょう。
またどの婦人科でもアフターピルを扱っているわけではなく、病院によってはないということも考えられます。

アフターピルの効果を最大に発揮させるためにもあらかじめ通販で購入し、常にお守り代わりに携帯しておくことが望まない妊娠を自ら回避することにもつながるのです。
危険日やもしかして…と思った時にはすぐに服用できる環境を整えておくことが、安心して自分を守ることにもつながります。

また、アフターピルは日常的に服用するピルとは異なり、ホルモン量が多く含まれているため、強い吐き気を催してしまう方も少なくありません。
せっかく早い段階で飲むことができても吐き出してしまえば効き目が薄らいでしまうので、妊娠が防げなかったという例もあります。
このことをきちんと理解したうえで飲めば、気持ちが悪くなっても何とか我慢をすることができるのではないでしょうか。
アフターピルを服用した後はできるだけ安静にし、強制的に生理が始まるのを待つようにしましょう。