アフターピルを持っていることはいざという時の保険になるので、持っている女性は少なくないはずです。通販サイトでは様々なピルが販売されていて、日本製ではないピルまで販売されています。そんなピルを購入することは大丈夫なのでしょうか?そんな疑問やピルや生理についての悩みをこのサイトで晴らしましょう。

コンドームより優れているトリキュラーで避妊

悩んでいる女性

トリキュラーを服用していれば、コンドームで避妊するよりも高い確率で避妊することができます。
低用量ピルに分類されるトリキュラーは、日本だけではなく世界中で人気のあるピルです。
トリキュラーをきちんと服用していれば、性行為の前に避妊が完了しているため女性主導で妊娠を防ぐことができ、安心感をえることができます。

コンドームの場合、破れてしまえば避妊具としての効果はほとんどありません。
しかし、トリキュラーであれば、性行為の前に避妊が完了しているので安心です。
トリキュラーの避妊確率は飲み忘れを含めても90%以上の確率で避妊に成功すると言われています。
トリキュラーには卵胞ホルモンとしてエチニルエストラジオールが、黄体ホルモンとしてレボノルゲストレルが女性ホルモンとして含まれています。
これらの女性ホルモンの血中濃度が高い状態になると、脳が妊娠した状態だと勘違いするため脳からホルモンが分泌されなくなります。
脳から分泌されるホルモンが抑制されることによって、排卵が起こらなくなり避妊が可能となります。

トリキュラーは、副作用が出にくいように含まれている成分の量についても工夫がなされています。
毎日1錠ずつ服用していくと、徐々に有効成分の量が多くなるようになっており、身体が自然に分泌する女性ホルモンと同じようなパターンとなるため身体にかかる負担も軽くなります。
ピル特有の副作用も出にくいことがトリキュラーの魅力です。

トリキュラーには21錠タイプのものと28錠タイプのものが販売されています。
どちらも含まれている有効成分に差はありません。
トリキュラーは基本的に28日が生理周期となります。
21錠タイプのものは、毎日1錠を服用して、全ての錠剤を服用し終えたら7日間の休薬期間を設けます。
28錠タイプのものには、7錠のプラセボ錠(偽薬)が含まれているため、毎日薬剤を服用すれば良いだけです。
錠剤を飲む習慣を身につけることができるので便利です。

トリキュラーはプラセボ付きだから飲み忘れがない

トリキュラーは、黄体ホルモンのレボノルゲストレルと、卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールが配合された経口避妊薬です。
排卵抑制に加え、子宮内膜の状態を変化させることで、着床するのを阻害します。
さらに、子宮頚管の粘液も変化するため、精子が通過しにくくなる効果もあります。

排卵抑制作用を主作用とし、正しく使用すれば非常に高い確率で完全な避妊を行うことが可能です。
トリキュラーは基本的に正しく飲み続けていれば、ほぼ完全な避妊効果を得られますが、飲み忘れがあると避妊失敗確率が上昇するので注意が必要です。
妊娠を希望する場合は、服用を中止することで問題なく妊娠準備に入れるため、安全性が高いのが特徴です。
ピルには様々な種類がありますが、トリキュラーを含む低用量ピルは避妊に必要最低限の成分しか含まれていません。
そのため、小柄な体格が多い日本人女性でも、副作用が少なく服用でき人気です。

トリキュラーは、女性の自然なホルモンバランスに合わせ、成分が3段階に変化する3相性ピルと呼ばれるタイプです。
ピルに多い不正出血などの副作用が起こりにくく体への負担が少ないですが、毎日決められた順番に薬を飲む必要があります。
そのため、飲み間違いや飲み忘れには注意が必要です。

トリキュラーには21錠入りと28錠入りの2種類があります。
28錠入りは、21錠の錠剤に薬の成分の含まれていないプラセボ錠が7日間分加わっている薬です。
最後の7錠分は成分が入っていないため、毎日飲み続けても自然と休薬したことになります。
21錠入りはプラセボ錠が入っていないタイプで、自分で7日間の休薬期間を空ける必要があります。
28錠入りの場合、毎日決まった時間に飲む習慣を身に着けておけば、飲み忘れが起きにくい安心感があります。